スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

根出し組の成績は・・・ 

 寒すぎず暑すぎず、気温的には問題ないですが、晴れが続きませんね。
今日も朝は晴れていたのに、だんだん雲が増えてきてしまいました
すかーんと晴れる日が2~3日続いてくれるといいんですけどね~。

 さて、今年もたくさんのコノフィツムたちの根出しをしました。
昨年よりも上手くいったので、今日の記事はその記録ということで。
というわけで長いです

 昨年は10月の終わり頃になってやっと始めました。
調べて回ったところ10月には植え替えや仕立て直しは完了したほうが良い、とあったので今年は10月の頭に始めたのです。
9月のうちに始めたかったのですが、あの天候不順で勇気が出ませんでした。
実際コノフィツムたちがたくさん☆になってしまったわけですし・・・
10月になってからは気温は上下したものの、晴れが続いて結果的には良かったです。

 挿し穂にするとき昨年は茎の部分を切り詰め過ぎた気がしていたので、今年は気持ち長めに残しました。
どうしても残せずほとんどなくなってしまったのもあったのですが、仕方ないのでそのまま植えつけました。
発根剤などは使用しませんでしたが、抗菌剤は塗り付けました。
で、たいして乾燥させずにその日のうちに植えつけてます
さすがにその日のうちに水をやるのはためらわれたので、2日開けて水やりを開始しました。
それなら植えつける前に乾燥させろよってとこですが、さっさと植えてしまいたい派なもので

 今年一番変えたのは置き場所です。
昨年は棚下に置いたのですが、今年はいつもの置き場所に50%遮光の寒冷紗をかけて置きました。
これまた調べまわったところ、どこで見ても明るい日陰に置くと書いてあるのです。
昨年も同じところを見たはずなのですが、どうも「明るい」という言葉がどこかで抜け落ちたようでして
よくよく思い返してみれば、昨年根出し組がいなくなった場所に植え替えた子らは鉢底ネットを乗せただけで済ませたのに、あっという間に根付いてしっかり水を吸っていたのです。
これかと一人納得してやってみたら、昨年より上手くいった理由は多分これでした

DSCN9018.jpg そんな私の危なっかしい管理にも負けずに元気に根っこを出した子たちを載せますよ~
 名無しの豆ーズ&足袋ーズ
ひとつふたつぐらつく子がいるのですが、他はみんながっちり動かなくなりました。
ちなみに植わっているのはプラスチックの鉢、ではなく100均で買ったおろし器の受け皿部分・・・。
浅いほうがいいかと思って穴を開けて使用してます。
透明なのでめっちゃ苔が生える・・・
DSCN9020.jpgDSCN9021.jpg 元葉挿しっ子牧場だった陶器鉢に植えられたペアルソニーと雨月、ウルスプルンギアナム大黒点タイプと豆ーズ足袋ーズの入りきらなかった子たち
雨月は昨年はほぼほぼ失敗したのですが、今年はばっちりです
ていうかよく生き残ってくれたものだ・・・。
DSCN9023.jpgDSCN9005.jpgDSCN9003.jpg
 こちらも再挑戦の雲映玉、3月のBBから連れ帰った時にはまったく根っこがなかったSH98、とウルスプルンギアナム大黒点タイプ
雲映玉は絶対ダメだろうと思っていたのですが、あっっっっっさりと発根しました
SH98は根無しのまま夏越しして生き残っただけでなく、分頭までしてくれてました。
左の写真の左端に写ってるのがその一株。
SHってなんじゃらほいと思っていたら、コノフィツムの大家スティーブン・ハマー氏のことらしいです。
調べ回ったら出てました。
で、98って何なのよ?ってとこまでは調べ切れなかったです。
 正直、大黒さん(長いので略す)が水やり始めても全然水吸ってくれなかったときはどうしようかと思いました
でも思い切ってばらしてみるもんです。
ひとつ腐ってしまったけど、他はみんなぷりけつになってきましたよ
ちなみに所々にある傷は、ピンセットで皮をはがしたときに付けたものと思われますごめんなさい

 大変長々とお付き合いいただきありがとうございました
以上2015年根出し報告でした。
来年も上手くいったらやります

スポンサーサイト

カテゴリ: LOVEコノフィツム

テーマ: サボテン・多肉植物・観葉植物

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

PAGE TOP

今日も開花写真🌼 

 まだ続くコノフィツムたちの開花写真です
DSCN8995.jpgDSCN9007.jpgDSCN9008.jpg
 オペラローズの花は一つでも存在感あり過ぎ~
角度違うけど左が1日、あと2枚は3日の写真です。
ホント咲くの早いわ
もうひとつ蕾が出てきていたんですが咲く前に雨が降り出したので撮れず~残念。
DSCN8991.jpgDSCN9011.jpg
 これもやっぱり左は1日、右は3日。
ectypum `Marbels Fire´の花は日が経つにつれて色が濃くなっていくのです。
毎年思うんです、あ、黄花だったんだって
DSCN8997.jpgIMG_0193.jpgIMG_0196.jpg
 聖地から来たデクリナツムさんは夜咲きなのでスマホで撮影。
フラッシュ焚かなくても写るじゃーんと思ってたけど、よくよく見ればボケてました
DSCN9000.jpgIMG_0190.jpg ロルフィーさんも夜咲きです。
我が家では巻き花はお初なんですよ。
そんなに派手に巻いてないですけどね。
 DSCN8994.jpg 2013年に我が家に来てから2年目にして初めて蕾を付けたobcordellum,koopman,skraa
ここからどう咲くのかと思っていたらものっすごい地味に咲いたんですが、まだ写真撮っておりません
花びらがすごい短いんですよ。
そしてそこはかとなく臭いです
鼻を近づけてみないとわからないくらいなのでいいんですが(←わざわざ嗅ぐなという突っ込みはなしで)

カテゴリ: LOVEコノフィツム

テーマ: サボテン・多肉植物・観葉植物

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。